郊外エリアですと、人材確保が少々難航している事もあるのです。

医療業界の給料は、他業界とはやや異なる点があります。

必ずしも都会地域の方が、給料が高めであるとは断言できないからです。
そもそも都会エリアですと、最低時給などは比較的高めに設定されています。

特に東京などは、日本でも1、2を争うほど時給が高い地域になるのです。ですから収入の高さを求めている方々は、都内で求人を探す事も珍しくありません。郊外エリアでは、ちょっと給料が低めだからです。

ところが医療業界の場合は、ちょっと事情が異なってくるのです。

必ずしも都会エリアの方が給料が高めとは限りませんから、注意を要するでしょう。むしろ郊外エリアの方が、給料の数字も高いことがよくあります。

この業界の特徴と言えるでしょう。

また、医療求人24時よると、郊外エリアですと、人材確保が少々難航している事もあるのです。働き手を求めているものの、なかなか人が集まらない事もあります。

その結果、病院としては初任給も高めに設定する訳です。そういう地域は、全国的に沢山あります。ですから給料の高さを求めているなら、ちょっと郊外に着目してみるのが良いでしょう。

医療の求人を探すポイントになる人口と病院の比率

医療の職場を選ぶ時には、地域が1つのポイントになります。特に医療機関の数と人口の比率などは、地域選定のポイントの1つになるでしょう。
どういう事かと言うと、医療機関で働きたい時には、もちろん求人も探すことになるのです。そして人によっては、あまり忙しくない病院などを探している事もあります。激務の病院よりは、ゆとりがある所の方が望ましい事もあるでしょう。その際に、上記の比率がポイントになる訳です。
例えばある地域Aの場合は、人口10万人に対する病院が100件前後だとします。それに対して別の地域Bの場合は、病院は300といった具合です。それぞれの地域によって、数は異なってくるのです。
それで上記のAとBを比較してみれば、やはりBの方がゆとりがあると見込まれるでしょう。Aのように病院が少ない地域ですと、そこで働く従業員の方々に対する負担も大きくなってしまう傾向はあります。
ですから医療の求人を探す時には、ちょっと病院と人口の比率に着目してみると良いでしょう。

福祉関係で働く人…

今世の中で問題になっている保育士不足も現状を良く認識していないメディアや政治家、一般人が多すぎです。
公立保育園へ勤務している保育士さんは、不足していませんし待遇も悪くありません。
それは公務員だからです。
非常に高待遇です。
育休も遠慮なく取れます。
ただし公立保育園でも、朝や5時以降に勤務するパート保育士さんの待遇はひどいものです。
正規と非正規の格差がひどすぎます。

特に問題は私立保育園や認証保育園などに勤務する保育士さんです。
こちらは確かに異常に不足していますし、非正規保育士さんが多いです。
待遇の悪さが大きく影響しています。
転職が慢性的です。
各地で保育所の設置に反対する人がありますが、介護施設同様保育園も迷惑施設なのです。
だから、設置反対が多くて保育所もなかなか作ることが出来ません。
待機児童が増える原因はこういうところにもあります。
自分の子供や孫は、保育園へ入れたい。
政治が悪いと言います。
しかし最近の国際機関の調査で自分さえよければ困っている人のことは関係ないと考える日本人の割合が、アメリカや韓国より多いのです。
勝手です。

介護士さんの待遇の低さは、その労働の厳しさに比べて極端に低すぎです。
だから転職が異常に多いです。
求人しても応募者が少ないのです。
メディアを通じて待遇の悪さが知れ渡っているからです。
けれども経営者は、高利益を上げていることがあからさまになりました。
含み利益の多さは、補助金を削減しても良いくらいのところもあります。
働く人に還元すべきです